骨董品買取の責任者「すみだ 学」の ごあいさつ

 

 

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。 簡単に自己紹介をさせていただきます。

はじめまして、「隅田学」ともうします。

いまはもう亡くなってしまったのですが、大好きな祖母からもらった古銭と切手がきっかけで、骨董品に興味をもちました。

もらった古いお金と、切手は、どちらも古めかしいデザインですが、何か歴史を感じ、何か不思議な魅力がありました。

祖母からもらったお金と切手は、祖母が大事にしていたものでした。

後で聞くと、祖母がおじいちゃんからもらった物らしく、思い出の品だったようです。

他の人から見たら、何の価値もない物に見えますが、祖母にとってはすごく大事な想い出がつまった品だったようです。

 

私は物には、作った人、使った人の想いがつまっていると思います。

他の人にはガラクタに見えても、ほしいと思う人には価値があると思っています。

蔵の中で誰にも使われずガラクタになっているままでは

物がかわいそうだと思います。

私はひとつでも多く、使われずに日の目を見ない物を、本当にほしがっている人に

きちんとお送りしたいと思っこの仕事をしています。

 

現在、高知で骨董品買取のお仕事をさせていただいております。
幅広い商品知識を生かしてお客様のお役に立てるよう、日々努力して参りますので
骨董品や茶道具、手紙、古道具なんでも構いません。

一度ご相談くださいませ。

当社では、お客様との信頼関係を大切にしております。

無理にあせらせたり、しつこくするつもりはありません。お客様とのしっかりした関係を築くことが当社にとって一番大事だと思っています。
すみだでは、急な出張買取も大歓迎なのでぜひご相談ください。

最後まで誠意を込めて対応させていただきますので、どうぞお気軽にお電話ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

日々、全国の古い家や蔵の解体が行われ、とても悲しいことですがたくさんの骨董品や古道具が 本来の価値や役目を知られずにごみとして処分・廃棄されています。

 

 

すみだではその骨董品たちを少しでも多く未来に残し伝えていくことが使命だと感じております。
ただ利益を優先するのではなく、今まで長い年月眠っていたホコリをかぶった品物も本来あるべき姿で 本当に必要としている人のもとにお届けすることが

いちばん大切なことだと考えます。

すみだでは、古い品とほしい人の架け橋になれるよう日々努力していきます。